ラベンダーオイルの使い方について

ほとんどのエッセンシャルオイル(精油)が原液では肌に使用できない中、こちら

 

は原液で使用しても肌にトラブルを起こし難いオイルです。効果・効能として、緊

 

張を和らげ睡眠を深くする等の鎮静効果、頭痛・筋肉痛を和らげる鎮痛効果、殺菌力が強いので防虫効果があります。

 
使い方として、最も手軽なのお風呂で、湯船に1~3滴入れ、よくかき混ぜて入浴します。香りと温熱効果で心身両面に対してリラックスできます。

 

少量でも十分な香りが楽しめますが、お好みで調節してください。注意点として三歳以下のお子さんはまだ肌が敏感なので、オイルを入れたお湯での入浴は避けます。
次にアロマポットなどを使ってお部屋の芳香剤としての使用です。

 

お部屋の消臭と同時にアロマセラピー効果が期待できます。特にリラックスしたい居間や、ゆっくり休みたい寝室にお薦めです。

 
マッサージオイルとして肌に直接使用するときは、キャリアオイル等で希釈してから使用します。

 

初めて使用するときは、ボディには1%以下、顔には0.5%以下に希釈し、パッチテストを行い肌トラブルが起こらないことを確認してから使用します。

 
他に虫さされの時のかゆみ止めとして使えます。ただし傷があったり出血しているときは使用しないでください。

 
軽度の火傷の時には原液を塗布しますと痛みが和らぎます。しかし重症の時はすぐに病院へ行ってください。

 
水虫に対しては直接患部にオイルをすりこんだり、フットバスにオイルを数滴おとして足全体を浸したりします。

 
他にもヨガマットに希釈した物をスプレーしますと殺菌と消臭効果がありますし、マスクにスプレーしますと鼻の通りが良くなります。

yjimageCAH8PSG2